校章

飯田市立山本小学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0242 飯田市竹佐819-6 TEL 0265-25-2004 FAX 0265-25-2029 

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2020 年 12 月 のアーカイブ

飯田市よりメッセージ~年末年始の過ごし方~

ページの先頭にもどる

1225 2学期終業式

夏休みの短縮で登校日数86日になった2学期は、飯田市の最高気温38.8℃を記録した8月から、今週は最低気温マイナス7.0℃と、夏から冬まで季節の移り変わりの中で様々な活動に取り組んできた学期でした。

児童の発表では、1年生、3年生が2学期にがんばったことや3学期の目標を作文で発表しました。内容も声の大きさも、充実した2学期で成長の跡を感じるものでした。

校長先生からは次のようなお話がありました。
〇心ひとつに行事を成功させたこと
運動会など、もともと2学期にあった行事と、音楽会や社会見学など、1学期できなかったので2学期にした行事と、両方ありました。どれも、今まで通りのやり方では、できませんでした。運動会では、できなくなった種目もありましたが、逆に「はなれていても心は一つ(はなここ)」「台風の目」「惑星リレー」や「連学年玉入れ」など、いろんなアイデアのつまった新しい工夫がされ、力のこもった見ごたえのある競技ができました。
社会見学では、4年生長野市、5年生愛知県、6年生東京、いずれも行くことができませんでした。でも、その代わり4年生は上伊那、諏訪、木曽に行き、5年生は下伊那の工場で、6年生も下伊那で2日間、充実した見学や体験ができました。
今週行われた音楽会は、はじめ1学期に予定していたのですが、できなくなって、12月に延期しました。普段の授業で練習してきたことを積み重ねてすばらしい音楽会になったと思います。
他にも、マラソン大会、児童会でも、いろんな行事がありましたが、どれも、みんなで心をひとつにして成功させてきました。行事の前と後で、自分の中で何かが変わる。それが、成長です。みんな、がんばりましたね。

〇思いやりで日常を支え合ったこと
日常生活では、マスク、手洗い、換気、健康チェックカードなど、気を付けることがずっと続いています。たまに忘れている人がいると、声をかけてあげる姿もあります。お互いに、自分ができることをちゃんとやっていくことができている、すばらしいなあ、と思います。学校で毎日コロナ対策が大変だと知ると、地域の方はさっそくボランティアで消毒や給食のお手伝いに来てくれました。マスクや消毒液を寄付していただいたこともありました。2学期、日常を支え合った「思いやり」この心は、普段の生活すべてに生きていきます。これから未来に生きる皆さんは、今のやさしい心、見えない人までも思いやる心と力を、これからも大事に育てていきましょう。

〇新しい年に向かって
冬休み前半は、大掃除をしたり、お正月の準備をしたり、家族で力を合わせて働く時です。皆さんも家族の一員として、お手伝いを進んでしましょう。後半は、お雑煮をいただいたり、書初めをしたり、初日の出や初夢を見る人もいるかな。お正月のことをお家の人としっかりやりましょう。冬休みの、ちょうど真ん中が、元日です。「1年の計は元旦にあり」ということわざがあります。皆さんも、1月1日には、2021年に向けて何か一つ、志を立ててみてください。コロナ予防は冬休みも同じです。マスク、手洗いなど守って、みんな元気ないい冬休みにしましょう。3学期1月8日、元気に会いましょう。それでは皆さん、よいお年を。

ページの先頭にもどる

12/22・23音楽学習発表会

12月22日、23日に、「音楽学習発表会」が行われました。

今年度は、新型コロナウイルス感染予防のため、器楽の発表のみ行いました。

22日は全校の児童が集まって発表を聴き合い、23日は保護者の方に向けて各クラス入れ替え制で発表をし、2日間をかけて行いました。これまでの音楽の授業で学んできたことを発表する場として、どのクラスも学習の成果を発表することができ、冬の澄んだ空気の中に美しい音色が響き渡りました。

ページの先頭にもどる