校章

飯田市立山本小学校

学校からのお知らせを見る
〒395-0242 飯田市竹佐819-6 TEL 0265-25-2004 FAX 0265-25-2029 

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

0805 1学期終業式

コロナウイルス感染拡大の影響で、年度当初の計画よりも2週間遅れての終業式となりました。

最初に、2年生、3年生、5年生の5人が1学期のふり返りと2学期へのめあての作文を発表してくれました。

続いて、校長先生からは次のようなお話をしていただきました。

1 みんなで力を合わせた1学期
1学期は、4月入学式・始業式のすぐ後休校になり、5月分散登校、6月から全校が普通に登校できるようになり、7月には大雨による集団下校もありましたが、命を守って勉強ができるよう工夫しながら、みんなで力を合わせて進んできた毎日でした。お家の方や地域の方もたくさん協力してくださいました。
先週の日曜日には、朝早くからPTAの皆さんが学校中の草を刈ってくれました。
7月からは毎日、1年生の給食配膳と放課後の消毒に、お家の方や地域の方がボランティアに来てくださっています。本当にありがたいことです。感謝の思いを持って、私たちひとりひとりが毎日しっかりがんばることが恩返しであり、自分自身を大きく成長させてくれます。
さて、1学期のスタートで、「心のつながり」を大切にしたい、というみんなの願いがありました。1学期、全校で良くなったなあ、と思うことの中に、そのことに関係する「あいさつ」があります。
先生や友だち、上級生や下級生、お客さん、会った人だれにでも「おはようございます」「こんにちは」など、相手の顔を見て言えるようになってきたと思います。中には、笑顔であいさつできる人、職員室に「おはようございます」とさわやかな声をかけていく人、消毒をしているボランティアの方に「ありがとうございます」「お疲れ様です」などと自分から言葉をかけていく人も出てきました。あいさつは、自分を広げ、悪い空気を追い払うラッキーチャンスです。児童会代表委員の皆さんは毎朝昇降口に立って呼びかけてくれました。これからもこの調子で、山本小学校から山本中に明るいあいさつを響かせていきましょう。

2「アオギリ」を知っていますか
校庭にある「アオギリ」の木。図書館の窓からよく見えますが、この木と、明日から始まる夏休みには、実は関係があります。 今から75年前の8月6日朝8時15分のことです。広島に原子爆弾が落とされました。原子爆弾は、人間も、動物も、植物も、すべてを焼き、なぎ倒し、放射線を浴びせかけました。このとき、爆心地近くで被爆したアオギリの木が、熱と爆風と放射線にえぐられながらも生き残り、「被爆アオギリ」としてその種を各地に広め、平和のシンボルとなっているのです。明日は8月6日。コロナウイルスで、「世界はつながっている」ということが改めてわかって、「もう国どうし戦争してる場合じゃない」「世界中の人々が協力しなければ」と、多くの人が考えるようになっています。皆さんも、戦争と平和について先生やお家の方にお話を聞いたり、ニュースを聞いたり本を読んだりして、考えてみてほしいな、と思います。そして、しっかり勉強して、将来、命や平和を大切にする大人になってほしいと思います。

 

今年は15日間と短い夏休みですが、学校ではコロナウイルス対策をさらに万全に準備し、8月21日に元気よく2学期のスタートが切れるように努めていきます。2学期もよろしくお願いします。

 

ページの先頭にもどる